×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ZODIAC LCD WATCH

これは正真正銘、『世界初の液晶デジタル表示を持つ腕時計』です。LCD自体はOPTEL研究所が開発したもので、この時計はゾディアックブランドですが、他にも数社同じムーブメントを搭載したものを発売していました。発売は1972年です。もっと程度のいい、ほとんどデッド状態のものも持っていたのですが、どこかにしまいこんでしまい見当たらないので、とりあえずこの時計で紹介します。表示は時分表示のみで秒表示はまだ無く、常にコロンが点滅しています。(秒も常に表示している世界初の液晶デジタル時計は以前に紹介した、セイコーのデジタル時計、06LCです。)

本体側面には大きめのリューズがあり、上に回転して時、下に回して分を合わせる様になってます。また、液晶表示が今のものと違い、かなり特徴のある表示となっています。

上の写真の様に黒いミラー状の表示部に文字が白く表示される様になっており、この写真で見るよりも実際はもっと見にくいです。しかし、それがまた妙に新しい雰囲気になっており、7セグメントのデザインもまだ小慣れた感じがなく、3の中央の横棒が妙に長くなってたりするのですが、そこもまた、なんか怪しくてイイ感じになってます。


背面にはESPA-OPTEL, ALL STAINLESS STEELという刻印があり、隅に電池蓋があります。電池自体は妙にすきまのある穴に結構いいかげんにほうりこむ様に入れます。
世界初というと、大抵ケースの素材やデザインが過剰ディティールになったりするのですが、このモデルはステンのムクというゴツさはあるものの、妙にサッパリしてて、こんなもんでしょ的な気合いの抜け具合に好感が持てます。・・・以上、世界初の液晶デジタル時計の紹介でした。(99.1.24)

BACK