×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FOSSIL WRIST NET
DICK TRACY

これはちょうど一年前に発売された、フォッシルのWRIST NETシリーズのディックトレーシー版です。先日アメリカに出張に行った時に買いました。フォッシルのオフィシャルショップにはもう無かったのですが、巨大なショッピングモール内の時計屋で発見し、ゲットしました。

WRIST NETとは、FM電波を利用し、ニュースや天気や株価等をリアルタイムで勝手に送信してくる情報を腕時計で随時確認することが出来るというスグレモノで、このサービスはマイクロソフトが提供しており、「MSN Direct」と呼ばれています。また「WRIST NET」という名称はフォッシルにおけるシリーズ名で、マイクロソフトはこのサービスに対応した時計を「Smart Watch」と呼んでいます。
で、これは現状アメリカ国内のみでのサービスで、アメリカにいれば時刻合わせの必要すらありませんし、場所を移動すれば、天気予報もその場所の天気予報が表示される様になっています。スゴイー・・・しかし当然ながらサービスを開始していない日本においてはただの大きい時計です。

 

前面上部のCCDの目の様な2つのものはダミーです。左右のスイッチは全てプッシュボタンです。本体はプラスチック製で軽いんですが、かなりの厚さです。時計としての機能はクロノグラフ、アラーム、タイマーといった標準的なものです。

 

ベルトがアンテナを兼ねており、バックルを止めると手前に見える金属製の接点がベルト反対側の金属面に触れ、ループ状のアンテナになる様になっています。そのおかげでベルトもかなりのボリュームです。

 

専用のクレイドルでの充電状態です。時計を置くだけで充電開始する、接点の無いクレイドルです。フルチャージには8時間ほどかかる様で一回充電すると4日はもつ様ですが、時計としてはちょっとツライですかね?電波受信モードをオフにしておけばもっともつかと思われます。

下は表示のイロイロです。デュアルタイム、カレンダー、ディックトレーシー、ニュース(アメリカで最後に受信したtsunamiのニュースがそのまま残ってます。天気予報は随時その場所の電波を受信しないと表示されない様で、メモリーに保存されることも無く、日本では何も表示されませんでした。)、アナログ表示、キャラクター表示(画面がザーッと流れた様なアニメの後、いろいろなキャラが登場します。)です。

 

 

 

 

下はキャラクター表示のイロイロです。それぞれ時間によっていろいろ喋ってくれます。(音声でなくテキストで、ですが)OFFの表示は電波受信オフの表示です。最後のおねえさんが「帰りにミルク買ってきて」とか、かなりいい感じです。

 

 

この時計はMSN Directのサイトにアクセスし、料金を支払うと、より詳細な気象情報や銘柄別の株価を得たり、メッセージを受信したりすることが出来ます。

で、下は買ったお店で撮影させてもらったものです。上の棚のディックトレーシーのPOPの置いてある棚にこの時計がありました。下段は同フォッシルのWRIST NETの別バージョンです。価格はディックトレーシー版が199ドルで、それ以外はどれも179ドルでした。

下は今回のアメリカ出張の目的だったCES(コンシューマエレクトロニクスショー)のマイクロソフトのブースにあった、今年のモデルです、下段はSWATCHのモデルなんですが・・・どうもデザインがイマイチです。

さらに別バージョンです。うーん、こちらもなんかイマイチですね〜。SUNTOからも新モデルが出ていて、それがまあまあだったかと思うんですが・・・撮影しそこねました。スミマセン。そういえばこのシステムの中味のほとんどはシチズンが開発しており、シチズンブランドの製品も出るハズなんですが・・・見当たりませんでした。どうしちゃったんでしょう?

 

また、フォッシルからは今年このWRIST NETシリーズ以外にもWRIST PDAとして、PalmOSを搭載したモデルも発売されたのですが、それも当会場で見つけることができませんでした。残念〜(と言いますか、このあたりを歩いていた時はかなり風邪でフラフラしてたので、ちゃんと探せませんでした。)・・・以上、フォッシルから発売されたWRIST NETの紹介でした。(2005.01.21.)

 BACK