×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WATER GUN WATCH

最近やたらと食玩(食品玩具・・・コンビニなどのお菓子売り場に並べられている、とりあえずアメとかラムネがほんのちょっとだけ入っている、オマケがメインなお菓子、というかおもちゃ)の出来がすごくイイですね〜。気合いの入った作り込み、マスキング塗装等、よくこんな値段で成り立っているな〜、と思われるものばかりです。この時計もそれらと一緒にお菓子売り場に並んでいたので、ジャンルとしては“食玩”に属するものと思われるのですが・・・なんと水鉄砲を内蔵しているデジタル時計です。
570円という破格の値段にしては、このカラーリングとゴツいデザインのバランス具合が非常に高いレベルまでいっているのではないかと思います。正式名称はパワータイムウォーターシューターといい、メーカーはバンダイなんですが、パッケージの記載によると、Chupa Chupsのグループ会社のスペインのCRAZY PLANET社との共同企画だそうで、イタリアで製造されているものの様です。しかし、チョコは日本製で、それ以外(時計、ベルト、水鉄砲)は中国製との記載もあり、なんかよくわからないけどワールドワイドなヤツです。カラーバリエーションは他に2色ありました。


水鉄砲はこの様に左側面にはりつく様に収納されており、カポッと取り外せます。水鉄砲のみブルーのスケルトンで、WATERSHOOTERの文字部はシールです。
しかし、時計本体裏面にはWatch not Water Resistanceの表記があり、時計自体は防水ではありません。

取り外した水鉄砲の上面のトリガーを90度回転させて突出させ、ほとんど役に立たないスコープを起こした状態です。こうなるとそれらしく見えます。

で、この時計は水鉄砲だけでなく、食玩という立場をわきまえているのか、同梱されているチョコも収納することが出来ます。右側面の黄色いボタンを押すとパカッとフタが開き(フタというか、時計としてはこのフタ部分だけで成り立っているワケで、それ以外は、時計としては不要といえば不要の部分です。)、半透明の中蓋を開いてチョコを入れる様になってます。

・・・水鉄砲を“水筒”と考えると、この時計は以前に紹介したペッツ時計を超える、“水と食料を携帯出来る時計”という、サバイバルな時計ということになります。

次のコレは、なんともストレートな水鉄砲付きのデジタル時計で、5年以上前に買ったモノです。最近の大型の水鉄砲のおもちゃを縮小した様な水鉄砲が時計部の蓋にはりついてます。右の丸いのは水のタンクで、ここを押すと透明の細いチューブをつたって水鉄砲の先端から水がチューッと出ます。


蓋を開けた状態です。構造はよくあるタイプですね。鉄砲部はパチンと蓋にはめこんでいるだけなので、はずすことが出来ますが、裏面がまったくの平面なので、本当ははずしてはいけないのかもしれません。

最後のコレは“水鉄砲付きの腕時計”ではなく、“腕時計型の水鉄砲”です。もう、いつ、どこで買ったのかも覚えてないのですが、なにしろ、文字盤はシールで、本体はただのプラスチックのカタマリで、時計機能は当然ありません。毎日が日曜日です。下の写真の様にチューブが背面からのびており、水色の小さい水タンクにつながってます。

 

で、文字盤中央に穴があいており、ココから水が出るのですが・・・背面から垂直に出ているチュープのおかげで、腕につけると妙に傾いてしまいますし、それ以前にチューブも丸見えで、もうバレバレです。


・・・しかし、普通のりっぱな水鉄砲でピュ〜っと水をかけられるよりも、こんなおバカな、ちゃっちいものに水をひっかけられた方が、何故か「あ゛、チックショ〜〜〜!」と無性にハラがたつ様で、水鉄砲としての役割は十分果たしているのではないかと思われます。・・・以上、夏らしく水鉄砲時計たちの紹介でした。(2000.8.14.)

BACK