×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CITIZEN
ANA-DIGI VOICE MEMO

録音することが出来る腕時計を2本紹介します。まずは比較的珍しいほうから、ということで、シチズンの時計から紹介します。
このちょっとロボな顔をした怪しい時計は、1984年に発売されたシチズンのANA-DIGI VOICE MEMOです。当時25,000円で、カラバリもありました。
本体前面には大型のマイク兼スピーカーとアナログ時計部が並び、その下に小さくデジタル表示の窓があり、さらにその下にはモード切り換え等のボタンが3つ並びます。
録音は6秒することが出来、前面中央のボタンを押して録音モードにし、左の録音ボタンを押ながら録音します。(この時液晶で6秒のカウントダウンをしてくれます。)再生は右のボタンを押すと再生してくれるのですが、これが思ったよりもイイ音で録音してくれ、再生の音も結構大きい音で再生してくれます。


前面のクローズアップです。取り説にはANA-DIGIとあるので、(本体のデザインもアナログ優先なデザインをしていますし、)ここの紹介でもそう表記しましたが、ご覧の様にアナログ時計部の下には堂々とDIGI-ANAと表記されています。・・・アナデジという名称はあくまでデジアナシリーズのなかの固有の名称ということで、製品にはあくまでもDIGI-ANAと入れているのか?、単に間違えか、後からアナデジと名称を変えてしまったけど、本体の印刷変更は間に合わなかったのか???このあたりは謎です。


SEIKO VOICE NOTE

こちらは上のシチズンの時計の1年前の1983年発売された、世界初の録音再生機能を持ったセイコーのボイスノートです。これも価格は25,000円でした。録音時間は高音質の4秒と8秒と選択出来、シチズンのモデルと違い、モード切り換えすることなく、いつでもRECボタンを押すことで録音することが出来ます。左右非対称な本体はプラスチック製で、ベルトはステンにブラッククロームメッキを施し、その上にフッ素樹脂コーティンングしたものとなっています。

クローズアップです。この金属板をマイナスビスで止めた試作品っぽいディティール、当時はなんとも格好わるく見えましたが、最近になってやっとそれが“イイ味”に見えてくる様になってきた気がします。

2本並べてみました。シチズンのモデルのほうが小ぶりですね。(と言っても普通の時計よりは大きめですが)デザインも非常に対照的的です。こうして見るとセイコーのモデルは黒くて右上のカドをスパッと落していて、ちょっとIBMっぽいですかね。

・・・で、手もとにセイコーのモデルの1983年4月20日発表当時のプレスリリースがあるのですが、それによりますと、使用例として、

『贈る言葉をそえて気のきいたプレゼントとして』

とあります。粋ですね〜。しかし録音されてもらっちゃったら、なんとなく新たに録音しにくそうですね。さらにそのプレスリリースのしめくくりとして、

『セイコーは最先端のメカトロニクス技術を駆使して腕時計の情報機器化に取り組んでおり、すでに映像情報への対応機器「セイコーテレビウオッチ」と文字情報への対応機器「セイコーレターメモ112」(アルファベットや数字を112文字まで自由に入力、再生可能)を昨年発売しておりますが、今回の「ボイスノート」の完成によって、音声、オーディオ情報への対応機器も揃ったことにまります。』

とあります。う〜ん、なんだかこれから腕時計がスゴいことになっていきそうだぞ〜という、ワクワクな気にさせてくれます。

ついでに紹介しますと、同年11月28日発表の『リストコンピュータシステムを開発、発売』と、UC-2000のプレスリリースもあるのですが、そのしめくくりには、

『この様にSEIKO UC-2000 シリーズはパーソナルな携帯用情報機器の本格的幕開けを告げる商品といえましょう。』

とあります。・・・ボイスノートといい、UCといい、なんと夢のある話でしょ!?なんか、もう、セイコー、突っ走ってくれ〜!って感じですね〜・・・しかしその幕開けから現在までの19年の間、どうしちゃったんでしょう・・・本格的幕開けと同時に幕を閉じちゃった様な気もしますが、なんとなく極く最近になってからデジタル時計がまたちょっと元気を取り戻してきている様な気もします。

・・・以上、80年代国産デジタル最盛(最後)期のモデル2本の紹介でした。(2002.3.19)

BACK