×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SEIKO TV-WATCH


これは、1982年発売の、セイコーのテレビ時計です。1.2インチ(16.8mm x 25.2mm )、32000画素の反射型白黒(というより、見た感じは白青)液晶のTVモニターを搭載しています。これは東京と大阪のみの地域限定で先行発売された、DXA001というモデル(108,000円)で、翌1983年には廉価版のDXA002 というモデル(98,000円)が追加され、どちらも全国発売となりました。
掘り込みのセイコーのロゴや、細かいディティール、コネクター部等、結構気合いを感じさせます。前面のガラスは見やすい様に傾斜させてあるのですが、中の液晶面は水平だったりしてます。


時計本体だけでは受信することは出来ず、時計本体にこの様なレシーバーをつなげ、アンテナの役割を果たすヘッドホンをレシーバーにつなげることでやっと受信することが可能となります。
普通に腕に付けてテレビを見ようとすると、このチューナーとつながったコードを袖の中をはわせなければならないという、隠れた努力が必要でした。

レシーバーの操作部です。結構これも気合いの入った作り込みで、赤いラインが80年代初頭のジウジアーロデザインを匂わせます。チューナーの指標を傾かせてあるので、ただでさえ合わせにくいのに、さらに合わせにくくしてくれちゃっています。ヘッドホンのディティールも、も〜懐かしの80年代〜という形をしています。

これは廉価版のDXA002です。これはこれでサッパリしていてキモチイイです。ヘッドホンはインナーイヤータイプに変更されています。レシーバーは001と同じです。小さい写真でスミマセン。

テレビはこんな感じで見えます。なにもまるこで紹介せんでもと思いましたが、結構見れます。
反射型の液晶なので、明るければ、明るいほど良く見えます。逆に言うと、薄暗い地下のバーなどではほとんど見ることは出来ません、というか、地下では受信さえ出来ないので、そういうところで自慢するのはやめておいたほが良いでしょう。(って、そんなこと誰もしませんね。)受信はVHF、UHFのテレビの他にFMも受信することが出来ます。

ちなみに当時の新聞記事によると、このTV時計の初期ユーザーの購入動機のトップ3は、以下の様です。

・世界初で話題性がある・・・56.2% (まぁ、そんなもんでしょう。)
・情報機器として便利・・・27.1% (情報といっても所詮テレビですが、まぁ、そんなもんでしょう。)
職業上必要・・・12.5%! (な、何?)

この、いつでもテレビが見られる腕時計を“職業上必要”とした、1割以上の方々の職業って、いったい何だったんだしょう???・・・そういえば、007はオクトパシーでこの時計を使用していたので、これも立派に職業上必要とされた例の1つでしょうか?

何となく、「同業者が」職業上、「買ってバラすために」必要だったのが、その1割だった様な気もしますが、そんなつまらない理由でなく、本当に仕事の実用上必要とされた、謎の仕事師の方々の腕で、今でもりっぱに現役で活躍していることを期待します。

・・・以上、世界で最初で最後(?)のテレビ時計の紹介でした。(99.8.6.)