×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TSUNO WATCH

TSUNO WATCH・・・すなわち、ツノの生えた時計を何本かまとめて紹介します。ここで紹介する時計はすべて70年代の機械式のクロノグラフで、ムーブメントを通常のレイアウトに対して90度回転させて搭載することにより、頭にツノが生えた様に時計上面にクロノグラフ用のプッシュボタンがレイアウトされている時計達です。

まず上の写真はアキュトロン等で有名なBULOVAの、りっぱなツノの生えた自動巻きのクロノグラフです。(ツノが解りやすい様に右斜め上から見たカットです。)
淡いブルーのベゼルの形や文字盤のグラフィック処理等、ツノを基調としたデザインでまとめており、エッジの効いた、すばらしいデザインです。竜頭は時計下部にあり、ちょっと操作しにくいです。

JUNGHANSのクロノグラフです。これも右斜め上からのカットです。まるまるとした本体上面に控えめにツノが生えてます。タキメーターと目玉のオレンジ色と文字盤のダークメタリックグレーとのコントラストが非常に新鮮です。時計にここまでオレンジ色を使っているのも珍しいです。下の目玉は通常の秒針で、クロノグラフ用の12時間計はありません。

このモデルは、国産のクロノグラフでツノといえばこのモデルと言っても過言ではない、シチズンの自動巻きのクロノグラフでチャレンジタイマーと呼ばれた時計です。小ぶりなケースに対し結構大きめなツノが生えてます。3つ目のクロノグラフのようですが、6時位置の目は縦に曜日と日にちを表示しています。また、このモデルはベゼルの色や、カラーリングに様々なバリエーションがありましたが、この写真のモデルが一番まとまっているのではないかと思います。このモデルの曜日設定はちょっと変わっていて、竜頭を一段引き出し、右のツノをプッシュすると送られて行くようになってます。最近この復刻版や、似た様な時計がたくさん出回ってますが、今だにこのモデルのデザインを超えるものは出てきていません。

セイコーのツノです。でかいです。おまけに文字盤は視認性を上げるため、少し前に傾斜しています。これも自動巻きのクロノグラフですが、カラーリングは輸出仕様のモデルで、国内向けは茶色い文字盤とタキメーターとなっていました。ベルトの幅が上下でちがうというのもスゴイです。(上の方が幅広となっています。)非常にゴツくて重いのですが、ケース本体からベルトにかけて、下すぼまり、シンメトリー、というテーマと気合いを感じられる逸品です。

だんだん画像が粗くなってきてしまいました。最後のこれは非常に安かったから買ってしまったSORNAというメーカーのクロノグラフです。たしか、2万円位だったと思います。レイアウト&カラーリングのへんてこさ具合はピカいちです。おまけに文字盤外周のテーパー面には世界の主要都市名が印刷されており、ワールドタイム機能も備えます。ケースは前に紹介したドライバーズウォッチに似たふじつぼ形をしており、これも結構厚いです。

・・・このほかにもオメガ、ホイヤー、チソット、ブライトリングなどにもツノモデルがあったのですが、どのモデルも、どうもツノが生えてると何か変な方向に走らずにはいられない様で、どれも怪しいデザインをしています。

しかし最近驚いたのはアニエスb.からツノの生えたクロノグラフが発売されたことです。Paul Smithならわかるのですが・・・アニエスb.のそれはセンターの秒針を通常の秒表示用にしてしまっているのがクロノグラフとしてはダメですが、結構オリジナリティーのある、いいデザインをしています。そのうち買ってしまいそうだなぁ・・・。 (98.5.17.)

BACK