×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TRANS FORMERS
AUTOCEPTOR

これは1984年に発売された、タカラの海外向けのTRANS FORMERSシリーズのAUTOCEPTORという変形腕時計です。日本ではwatch-Qシリーズとして販売されていたもので、腕時計から自動車に変形し、さらにロボットにも変形するという2段変形機能を持った時計です。私のこの時計は残念ながらかなり日に焼けてしまったらしく、青い本体がくすんだ緑色っぽくなってしまっています。・・・この状態で既に腕時計と言うよりは自動車らしき形をしちゃってますね。

パッケージです。左側の窓からこの時計が覗いてます。時計の入った部分が背面に出っ張っていて、前面がフラットになっている吊しのパッケージも珍しいです。変形後のロボのイラストが妙に気合いが入ってますが、その左隅に描かれた変形途中のカメの様な状態のイラストもカワイイです。

〜で、以下にこの時計の特種な変形の過程をご紹介します。〜

まず、本体を取り外した状態の背面です。時計のベース部分とドッキングするためのフックが突出してますが、最初にこれを寝かせて収納します。(このあたりが一番日に焼けずにきれいな青色をしてます。)

表を向けて両腕を開きます。肩、ひじ、どちらもダブルヒンジで、ゆるゆるです。

手をまっすぐ延ばした状態です。ちょっとスピナーっぽいですね。

で、腕を内側に折り曲げて(ダブルヒンジだから出来る変形ですね)・・・

両腕を合わせると自動車状態の完成です。

正面です。昔のRX-7とかBMWのM1っぽいですかね?このツギハギ感がヨイです。

次はロボへの変形です。まず、腕を再び開きます。

ここがこの変形の一番の見せ場(!?)です。 裏返して、両サイドの後輪部分を持って下にスライドさせて本体を延ばし、足のロックを解除します。

で、足を回転させて起こします。このキモとなる「車輪の付いた足の変形」は妙にデカレンジャーロボっぽいです。(ていうか、こっちの方が20年先ですが。)

再びひっくり返してつま先と手のひら部分を引き出します。

最後に顔をぐいっとこっちに向けて完成です。手が妙に長めでブラブラしてます。お腹はポンポコリンだし、ちょっと内股っぽいし・・・パッケージの様な勇ましさがありませんー

もうちょっと大きめな画像です。パーツを着脱することなくここまで変形出来るのは立派ですが、各ヒンジ部分は強度が全然無く、ヨタヨタしてて、私でもパキッと折っちゃいそうでした。これを トキマ位金属でしっかり作るとかなりイイ感じになりそうですね。・・以上、2段変形ロボウオッチの紹介でした。(2005.04.22.)

 BACK