×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SUTTON MECHA-DIGI

メカデジを2本一緒に紹介します。まずこれはSUTTONというブランドのメカデジです。おそらく70年代のものと思われる、手巻きの機械式時計です。表示手段はメカデジとしては非常にオーソドックスな表示となっていますが、このケースのデザインがかなりかわいいです。おそらく真鍮にメッキを施した、ツルツルピカピカな表面処理です。ベルトはオリジナルではありません。

スクリューバックの背面です。ケース背面はかなりメッキもはげ、それなりになってきています。

トップの画像はいろんなものが映り込まない様にして撮影しましたが、実際はこんな感じです。非常にシンプルで「ありそうな」デザインですが、意外とメカデジでここまでプレーンなデザインのものはあまり存在しません。

URBAN MECHA-DIGI

 

こちらはURBANというブランドのメカデジです。これも手巻きの機械式で70年代のものと思われます。SUTTONのモデルとは打って変わって怪しいデザインの「縦表示」のメカデジです。ケースはこれもメッキでヘアーライン仕上げが施してあります。

これも背面はすなおなクリューバックです。

ま正面はこんなです。先端が赤く丸い秒針のみ常に回転してます。

文字盤の拡大です。円周運動する時計の文字盤としては全くムダな、円筒形の断面形状をした文字盤です。時間表示窓上面のガラスの背面には細い黒い線が指標として印刷されており、それを目安に今の時間を読み取ります。窓の上から分、時、日にちなんですが、窓の形は左右非対称です。これはこの画像で言いますと、ちょうど8時になって初めて8の数字が全てちゃんと出る様にし、徐々に円盤は回転していくものの、8時の間はずっと8の数字を見せておく、といった配慮からの左右非対称なんでしょうが、そういった、まっとうな配慮のためのディティールが結果として怪しさ倍増させてくれています。・・・ていうか、SUTTONのモデルの様に1時間経つとパシッと変わるムーブメントだと小さい窓で済むんですが・・・以上、対照的なメカデジ2本の紹介でした。(2005.09.09.)

 BACK