×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

XP-6 SPY WATCH

これも先月のアメリカ出張で買ってきたスパイウオッチです。最近、子供向けのスパイグッズっぽいオモチャがいろいろ発売されているんですが、これもそのシリーズの一つです。(こちらのサイトでいろいろ紹介されています。この時計以外にもかなりそそられるモノが多数紹介されています。)時計としての機能はワールドタイムやストップウオッチ、アラームなんかも搭載しているんですが、それ以外のスパイな機能をざっとご紹介します。

まずは下の状態です。液晶前のカバーを開け、右下のスピーカー部の小さいマド部も持ち上げるとこんな状態になり、小さいマドから覗くとスコープ(望遠鏡)になる様になってます。ほとんど拡大はされませんが焦点はけっこうちゃんと合っています。

 

次はこちら。フロントの赤いボタンを押すと左側面上方にセットされたライトが点灯する様になっています。スパイグッズの機能としては定番ですが、スコープの光軸方向を向いてますので、覗いている方向を照らす様になっています。・・・スコープのレンズが緑色に着色されているのは、暗いところをこのライトで照射しながら覗くと、暗闇が緑色に見え、赤外線のナイトスコープで見ている様な気分を味わえる、といった演出を狙っているのでは?と思うのですが、いかがでしょ?

 

次はこちら。ベルト部にカプセルが収納されており、ひみつの文書等を小さく丸めてここに収納することが出来ます。が、かなーり小さいです。取り説にはこのカプセルに入れたTop Secret Micro Documentsを読むには液晶前のレンズを起こし、それを使って読みなさいとあります。なるほどー

 

 

で、この時計の一番のウリの機能はモーションセンサーです。下のパッケージの画像の様に、ドアノブなどにこの時計とセットしておくと、ドアノブが動くと同時にアラームが鳴り、時計にはその動いた時刻がメモリーされる様になっている、といった機能なんですが、・・・どうもそのモードにしても反応しません。モーションアラームのモードにして、5分待つとアイコンが点滅して、そのモードになったことを伝えてくれるハズなんですが、いくら待っても点滅しません。うぅ・・・

ということで、どうなる訳でもないんですが、とりあえず背蓋を開けてみたらこんな状態でした。手前の赤いのはLEDです。ムギ球の様な外観でしたが、中には大きめなLEDが入ってました。

 

ライトを点灯させるとこんなです。照明用のライトと言うよりは、LEDの点灯状態を見るための丸いマドが付いてるって感じです。

 

ブリスターパックの全体像です。かなり余白が多いですね。The ultimate wrist gadget! って、大袈裟ですね。

最後に、正面から見るとこんな感じです。ちょっとGショックっぽいですかね?この左右非対称なイビツさがヨイです。

 

・・・以上、スパイウオッチの紹介でした。モーションセンサーがちゃんと動いたら追って報告します。(2005.02.04.)

 BACK