×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE SKYSURFER
WRIST COMMUNICATOR

これは2年ほど前、アメリカのF.A.O SCHWARZで12ドルで買った、スカイサーファーのリストコミュニケーターです。おそらく、当時アメリカで放映されていたスカイサーファーというTVアニメの中で使用されていた道具をお子様向けにおもちゃ化したものだと思われます。
外観はすべてプラスチック製で、やたらデカいです。中央には透明の半球状のドームがあり、その中にはスカイサーファーと思われるキャラクターがいます。

なにしろ、これは正面上部の赤いボタンを押した時のギミックがすごいです。ボタンが押されると上の写真の様に、本体が左右にカパッと開き、羽根が飛び出し、ドーム内のスカイサーファーがビュ〜ンと回転するという一連の動作が一瞬にして行われます。初めてこの一瞬の動作を見た時はかなり感動したものです。
また、ベルトの長さは大人の手にはぎりぎり巻けるくらいの長さです。

ドーム内のスカイサーファーの拡大です。主人公であろう、彼がなぜこんな小さいドーム内のさわやかな青空の中でぐるんぐるんブン回されなければならないのか?・・・謎です。

ちなみに、これには時計機能はありません。「腕に巻く、時計らしきもの」です。・・・どうも腕に巻くことのできる、おバカなでっかいモノは時計機能があろうとなかろうと、つい買ってしまいます。そんなものもいっぱいありますので、後ほど紹介していきます。(98.8.13)

BACK