×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

OMEGA
CHRONO-QUARTZ

以前に軽く紹介したのですが、先日バッテリー交換をした時に、また裏蓋を開けた写真を撮ったので、もう一度各ディティールのクローズアップの写真と一緒に紹介します。

これはオメガが1976年のモントリオールオリンピックの記念に発売した時計です。ご覧の様に、右にアナログ表示(Seamasterの表記があります)、左にLCD表示の窓が2つある、世界初のデジアナ時計です。
左のLCD部では通常は下の窓で秒を表示していますが、モードを切り替える(左側面下のボタンを押す)と1/100秒が計測可能なクロノグラフとなり、スタートさせる(上のボタンを押す)と上の窓で分、下の窓で秒を表示し、左下でストップ、で、そのあと中央のスイッチを押すとその時の1/100秒の表示をする様になってます。

本体はベルトを含めすべてステンのムクの削りだしで、なにしろ非常に重く(156g)、厚く(13mm)、デカイ(スイッチを除く左右幅47mm)です。まぁ、レギュラーのスウォッチが約25gですので、左手にスウォッチ6本はめてると思えば軽いもんです。(そんなことない)


このスイッチの無骨さも ヨイですねー。本体に平行にぶっ刺ささっている、3本のただの円柱です。時間合わせは反対側のリューズで行うのですが、リューズを引いて動かすことが出来るのは短針のみで、長針はリューズの中央がプッシュボタンになっており、それを押すことにより、長針をニョ〜ッとスイープセコンドの様に動かすことが出来ます。

背面です。裏蓋にはシーホースマークとオリンピックマークが刻印されており、4本のマイナスビスで固定されています。裏蓋も非常に重く、ビスで閉じる時は封印する様です。

 

それぞれのマークの拡大です。ジャンルとしては文字盤にも表記がありますので、SEAMASTERなんですね〜。右側では聖火が燃えてます。

最後に裏蓋を開けた状態です。ケースのフチのあたりはかなりイッちゃてきてますね〜。ムーブメント中央、縦に2つバッテリーを入れる様になってます。右上の方にさりげなくオメガのマーク、下のバッテリーの右側の金色の丸いパーツには1611とCal.No.が記載されています。

機械式クロノグラフ等のムーブメントは裏蓋を開ける時はある程度スゴさの予測はつきますが、こういった70年代頃のエレキなもののムーブメントは全く予測がつかず、初めて開ける時は結構ドキドキします。で、開けてみると、大抵うぉぉ〜と驚かせてくれ、こういったところもエレキな時計の楽しみのひとつでもあります。
・・・以上、世界初のデカイデジアナのご紹介でした。(2000.9.8.)

BACK