×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

JAMES BOND SPY WATCH

これは1965年にGILBERT社から発売された007のスパイウオッチです。拳銃をモチーフにした007のロゴや、パッケージにも「JAMES BOND〜」の記載も堂々とあるので、おそらく当時のオフィシャルなものかと思われます。左右に巨大な本体左側には画像の様なスコープが折り畳めまれて収納されており、右側にはワールドタイム機能を持ったちゃんと動く時計が内蔵されています。時刻表示は丸い穴の空いた円盤が時針の役目をしており、その円盤が回転して、下に印刷された数字を読ませるという、ちょっとメカデジな表示をしています。画像は10時5分です。

 

上左はスコープを収納した通常状態、右は引き出した状態です。ここまで引き出してから、各レンズ部分を起こしてやると・・・

こうなります。レンズ部分をきちっと垂直にし、光学的に成り立たせるのは所有者に委ねられます。ケースはシルバーのメッキの上カバーも含めプラスチックです。

 

で、スコープを覗くとこんな感じです。ブラインド越しですが、とりあえず向こうに建っているマンションが見えます。ていうか、ほとんど拡大はされません〜。(レンズの前後位置を調整すればもうちょっと拡大されたかもしれません。)しかし、スパイモノとなるとやはり「スコープ内蔵」がお約束ですね。(以前に紹介したスパイ時計はこちら

背面です。GILBERTのロゴや1965、CASE SWISS MADE等の表記があります。ベルトを通す部分は子供に渡すとすぐにパキッと折っちゃいそうです。

早速バラしてみました。スコープ部分は上下のケースそれぞれに固定されており、時計のムーブメントは下ケースに置いてあるだけでした。時針の役目をする円盤の赤いグラフィックがカッコイイです。

時計のムーブはこんなです。1石のスイス製の機械でした。思っていたよりはまともな機械でした。

最後にパッケージです。真っ赤でハデですねー。しかし1965年といえば、昭和で言うと40年、東京オリンピックの翌年で、007はショーンコネリーで「サンダーボール作戦」が上映された年です。今からもう41年も前になるんですが、そんな頃にお子様むけにこんなにちゃんと作り込んだ時計が発売されていたのは凄いことだと思います。・・・以上、JAMES BOND スパイウオッチの紹介でした。(2006.3.17.)

BACK