×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HEWLETT PACKARD

HP-01(14K.G.F.)

これは1977年にHEWLETT PACKARD から発売されたHP-01というLEDのデジタル時計です。内蔵している機能をざっと挙げますと、計算機能はもちろん、100分の1秒計測可能なストップウォッチ、曜日指定可能なアラーム、タイマー、計算結果など任意な数字のメモリー機能、2000年以降にも対応するカレンダー、指定した日にち間の日数表示、曜日検索機能など、細かい機能を挙げていったらきりがないほどの当時考えられるありとあらゆる機能を搭載した腕時計です。これは14金貼りのケースですが、ステンレスケースのものもありました。

前面には28個もの小さいスイッチが並んでいるのですが、基本的な機能(時刻、メモリー内容、アラーム、日にちの確認)は手(というか、爪)で押せる様に少し突出しています。分かりにくいかもしれませんが、一番下の列の右から一つおきにあるT、M、A、D のスイッチがそれです。また、ストップウォッチのスイッチ(一番上の列の左右のSとRのスイッチ)も突出はしていませんが、爪で押せる様にスイッチまわりの面とりが大きくなっています。

黒と金のコントラストのバランス、微妙にRのついた全面パネル、シンプルだけど、なにしろデカくぶ厚く重いケース、しかもHEWLETT PACKARD製・・・数ある計算機付き時計の中でもスゴさとデザインの完成度の高さでは私の知る限りでは一番かな〜?と思います。

ケース背面には14K.G.F. BEZEL ☆(星マーク?)とCASE U.S.A.の刻印があり、裏蓋には製造ロットナンバー、U.S.A. 、HEWLETT PACKARD 、MODEL 1 、STAINLESS STEEL の刻印があります。バッテリーは3個使用します。

 

バックル部です。ここにはボタンを押すためのツール(写真右)が収納されており、パルサーの様に別に専用のペンを持つ必要はありません。先端はキズを付けないようにプラスチックになっています。以前にアルバの計算機付きの時計にも同じような構成のものがあり、いたく感動した覚えがあるのですが、これのパクリだったんですね〜。

取扱い説明書です。というより、1ページ目にはオーナーズガイドとあります。これが無かったら全く使いこなせないことでしょう。102ページもあり、バイオリズムの計算の仕方まで載っています。しかし基本的な時刻や日付けのセットの仕方は非常に簡単で分かりやすく、このオーナーズガイドのほとんどが、それ以外の多機能の説明となっています。

パルサーの計算機付きとの大きさの比較です。大きさ、厚さともHP-01の方がひとまわり大きく、重いです。LEDの点灯時間もパルサーよりも少し長めで、パルサーに慣れていると最初はちょっとあせります。
・・・以上、液晶がこなれてきた時代にLEDで、しかもHPがこんな多機能な「腕時計」を作っていたんだ、という紹介でした。(98.7.19)


HP-01の立派な化粧箱です。この箱はさらに巨大な箱に入って売られていた様です。上蓋の裏面を見ると、これには付いてませんでしたが、やはり専用のボタンを押すためのスタイラスペンが付属していた様です。(99.4.4.箱の写真追加)

BACK