×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GAME WATCHES

-SUPER MARIO BROS.-

90年代前半に発売されたゲームウオッチをまとめて何本か紹介します。これらは今発売中の「ケンガイ」12月号(芸文社、定価540円)という雑誌で、TECHN'O'TAKUさん執筆の『ゲーム&ウォッチ コンプリート』という特集のために貸し出した時計達です。(MEMOのページでもちょこっと紹介してます。)で、貸し出し用にバッテリーを入れ替えた時に、ついでに撮影もしましたので今回軽くまとめて紹介させて頂きます。

まず上はスーパーマリオブラザーズのゲームウオッチです。ヘッドホンを挿して、ピコピコな効果音を聞きながらゲームを楽しむことが出来ます。前面のボタンを操作して遊ぶのですが、まぁ、「それなり」のカンタンなゲームです。時刻は左上の方に小さく表示されます。

 

裏蓋を開けた状態です。本体から上に突出したイヤホンのジャック部分の脇にバッテリーが入る様になっており、投影面積は大きいものの、このレイアウトは時計自体の厚さを抑えることに貢献してます。

 

-STAR FOX-

 

同様なスターフォックスのゲームウオッチです。これもやはりヘッドホンを挿して前面のスイッチを操作して遊びます。時計本体のデザインも飛んでいきそうでカッコイイです。時刻は上中央に表示されます。

 


背面です。これにはちゃんと電池蓋があり、マリオのモデルの様に裏蓋を全部開けること無く、容易に電池交換出来る様になってます。

 

-SONIC THE HEDGEHOG-

 

最後にソニックのゲームウオッチです。と言いますか、このモデルのみ時刻表示は無く、腕に巻くゲーム機です。ソニックが本体からどかーんとはみ出してて、前面のSONIC~と印刷されているあたりもかまわず大きくしていて、かなりの大きさです。ゲーム自体はこのソニックのものが絵的にも一番楽しいです。

 

で、中味です。シンプルですね。このモデルも背面を開けないと電池交換できません。はみ出たソニックの背面はこんな感じになっていて、ソフビ風な柔らかさです。・・・以上、ゲームウオッチの簡単な紹介でした。(2004.11.22.)

 BACK