×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

GAMERA WATCH

・・・どうもオモチャな時計の方が評判がいいので、これからは以前に本で紹介した時計も合わせていろいろ紹介していきます。紹介文など、本の内容と同じになってしまったりしそうですが、その分、本で紹介出来なかったカットを追加したりしますので、ご了承下さい。

これは84年にタカラから発売された、ガメラに変形するデジタル時計です。収納時はご覧の様に、かめの甲羅風の模様のある、怪しい緑色のデジタル時計になりきっています。本体は金属製で結構重量感があります。

両サイドにあるスライドスイッチを下げつつ本体をころっと取り出します。上の写真は取り出してしっぽだけを出した状態です。この状態が妙にころころしてかわいいです。

変形前の状態です。首はひっこめてるのではなく、苦しそうに下を向いているという状態で、ジッと変形を待ってます。

頭を持ち上げ、両手を持ち上げ、足を出して変形完了した状態です。しっぽは180度背面側へ回転させ、自立するときのささえになってます。また、口も開けることが出来、下あごから生えたキバもちゃんとあます。・・・と、ガメラのディティールをあちこちで演出しているのですが、なにしろ大きさ自体がみどりがめのリアルサイズぐらいなので、大怪獣ガメラというよりは、やはり「かめ」です。トキマと違い、手が上下にジタバタしたようにしか動かないのもかわいさを増してくれてます。
・・・アメリカ版ゴジラのデザインが全然ダメだったので、今度はガメラでやったらどうでしょう?かめはかめ以外にしようがないので、そんなにひどくならないのでは?と思うのですが・・・いかがでしょう?(98.5.31)

BACK