×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FLYING SHOOTER EX


バンダイから今、発売されているPOWER TIMEシリーズのフライングシューター EX です。本体上面右のグレーのボタンを押すと、蓋がカパッと開き、手前の白い取っ手(ラック)を勢いよく引き抜くと、中に収納されたプロペラがひゅーんっと飛んでいきます。カラバリは3種類あり、(こちらのバンダイのサイトで他のカラバリが見れます。)以前に紹介した、WATER SHOOTER NEO とか、SHOOTER SHOOTER 等と同じシリーズです。箱の正面には「ディスクシューター機能付きデジタル時計」とありますが、底面の「名称」には「ラムネ菓子」とあり、やっぱ、これも食玩です。


蓋を開けた全体像です。手前側の小さい扉を開けると中にラムネを収納出来る様になっています。本体の厚みは実測で38mmもあり、数回に分けて印刷されたと思われるダースモールの様な印刷がイイ感じです。で、プロペラ、というか、ディスクは4つ同梱されているんですが、3枚羽根と4枚羽根と2種類ありました。どっちがよく飛ぶんでしょうね?



バラしてみました。回転軸には回転を保持させるための金属のフライホイールがついてます。下面側にはラムネを収納するスペースがあり、ラックと噛むギヤは遊星ギアになっていて、引き抜く時のみ回転軸と噛み合う様になっています。この遊星ギヤのおかげで、上の蓋を閉めたまま、ラックの押し引きを勢いよく繰り返し、ディスクに回転をチャージさせ、蓋を開いたとたんに発射させる、といった使用方法も可能になってます。



最後に腕につけた状態です。いやー、デカイです。お子様にはもっとデカいでしょうね。・・・それにしても、このディスクの機能は無しにしても、時計部分がパカッと開くギミックって、ひかれますね。アンテナみたいなものも飛び出てますし・・・以上、フライングシューターEXの紹介でした。(2004.01.31.)

BACK