×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

SEIKO CHRONOGRAPH
FIRST MODEL

この時計も以前にオメガのCHRONO-QUARTZといっしょにオリンピックモデルとして紹介したのですが、そのページは前回CHRONO-QUARTZを再びアップした時に削除しちゃいましたので、とりあえずこれもシドニーオリンピック開催記念としていいタイミングなので(って、もう終わっちゃいますね)、さっと紹介しておきます。

これは今からもう36年前の、1964年の東京オリンピック記念として、セイコーから発売されたモデルであり、国産ではクロノグラフ機能を搭載した初の腕時計(手巻き)でもあります。
ワンプッシュクロノと呼ばれるように、右上のプッシュスイッチでクロノグラフスタート、ストップ、リセット全てを行う、非常にシンプルなものとなっています。まだこのモデルには積算計がなく、スタート後に外周のベゼルを回転させて分針に合わせておけば、とりあえず経過分数がわかる様になっています。しかし、このプラスチックのベゼルが割れやすかったらしく、後のモデルでは金属製に変更されています。文字盤は白バージョンもありました。


背面です。一見、薄く見えるモデルですが、裏蓋はけっこうプックリ膨れています。中央に聖火がど〜んとあり、オリンピック記念モデルであることをアピールしています。今見ると、缶コーヒーのFIREみたいですね〜。

・・・以上、国産初のクロノであり、オリンピック記念モデルでもある時計の再アップでした。(2000.9.30.)

BACK