×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EL-WATCH

時計本体のデザインはまったくダメですが、ベルトに気合いの入った時計を紹介します。
ごつい金属製の本体とは違ったテイストの透明スケルトンのこのベルトには EL ( ELECTRO LUMINESCENCE ・・・Gショック等の液晶のバックライトに使用されている青く面発光する発光体)が入っており、スイッチを入れるとベルトが青く発光してくれます。

ベルトの尾錠部には基板とバッテリーが組み込まれています。ここだけで普通の時計ぐらいの大きさがあります。ここのスライドスイッチでELのオン、オフを切り換えます。

スイッチをいれたところです。結構明るく光ってくれます。
それにしても、この時計はパッケージにもDISCO WATCH. / THIS BAND WILL LIGHT UP IN THE DISCO. ・・・とある様に、そういった場所で目立ってナンボな使用を前提としているのに、ナゼ本体はこんなデザインなんでしょ?いくつかバリエーションがあったと思ったのですが、どれもほぼ同じ様なヘビーな雰囲気でまったくダメです。(どうせなら同じ様なスケルトンの軽いノリの本体にすべきだったのでは?と思います。)まぁ、このベルトはベルトだけで完結しているので、別の時計に付けることをオススメします。最近はPHSの着信に反応して光る時計や、文字盤がリング状にチカチカ光るものなど、イロイロあるので、そういう時計に付けるとおバカさ倍増してくれてよさそうです。
下はついでに紹介します。オーストラリアで3ドルで買ったDISCO WATCH です。なんと潔いデザインでしょう。前面の DISCO DISCO の文字といい、ふにふにした人々といい、非常にいい味出してます。これも前面のボタンを押すとLEDがチカチカ光ってくてました。(98.4.29)

BACK