×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CUSTOMIZE WATCH

入手したのはもう、去年の後半頃なんですが、なかなかアップ出来ずに今年になってしまいました。このまるで当サイトが企画した様な「イロイロなモノ」がくっついている時計は、『探偵スナイパー・カスタマイズウォッチ』です。
入手方法は一回200円のガシャポンでして、一つのカプセルには一つのアイテムしか入っておらず、上の画像の状態に組み上がるまでには最低4回ガシャしなくてはなりません。すなわち、上の状態はスナイパーショット(ベルトに付いた水色の円筒形のタマを発射出来るユニット)、ディスクシューター&コンパス(本体上のコンパスの付いた、赤い円盤発射ユニット)、スナイパーライト(ベルト上の黄緑色で先端にLEDの付いたユニット)、ベルト本体&スナイパーミラー(ベルトユニット)を組み合わせた状態です。

ベルト本体ユニットの蓋を開けた状態で、(手前の赤い円盤はディスクシューターで飛ばす円盤です。)蓋の裏は鏡になっています。・・・で、肝心の「時計」なんですが、これもまたユニットの一つでして、それをゲットして、上のケース内に納めてやって初めて腕時計としての機能を果たします。いやー、潔くてイイですねー。というかまだそれを入手していない私のコレは現状、単に腕に巻く探偵ツールでしかありません〜。 

という訳で、ほんとはその時計ユニットを入手してからアップしたかったのですが、近所にこのガシャポンが無く(というか、これら全ても発見した友人にやってきてもらったのですが)、入手するのを待っていたらアップする時期を逸してしまいそうなので、今回アップした次第です。

未入手の腕時計ユニットはクサリがついた懐中時計状態で、その他に未入手のユニットとして「ウォーターシューター」(ベルトに付く水鉄砲ユニット)もあり、それらをすべてくっつけるとかなりイイ感じになりそうです。



ガシャポンのカプセルとのカットです。こういう何も手を加えていない画像の方が雰囲気が良く解りますね。こんな状態で、カプセルに1ユニットずつ入ってます。またそれらのユニットにはカラバリがあり、それらを入れると相当な数になりそうです。


カプセルに入っている紙です。左から2番目に時計ユニットが、5番目にウオーターシューターがあります。




さらに一緒に入っている取り説に登場している「ロシアから来た天才科学者、カスタマイズ博士」なんですが。目、耳、手はともかく、このドリルな体はどーしちゃったんでしょ?


最後に、腕に付けた状態です。ベルトの長さも大人でもOKです。ディスクシューターは水色のツマミをぎゅーっとつまんでいくと赤い円盤がはじき出される様に結構勢い良く飛んで行きます。(狙いは定めにくいですが。)スナイパーライトとスナイパーショットはユニバーサルジョイントで結合されてますので、自由に向きを変えられます。

某POWER TIME風なとこも、まぁありますが、国産メーカーがここまでイッちゃってる時計を出してくれたのは久しぶりじゃないでしょうか?・・・と、ここまで紹介していて、webをチクチク検索していたら、既にこれの第二弾が発売されているのを見つけました。・・・カスタマイズウォッチ、サバイバル編ですと!? こちらです。ど、どうしましょ?

以上、コンプリート前、しかも第二弾が出てしまってからの紹介ですが、カスタマイズウォッチの紹介でした。(2004.01.14.)

BACK