×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CHROMACHRON


久しぶりのアナログ時計の紹介です。これは15年位前にスイスのツェルマットで買った「クロマクロン」という、クオーツのアナログ時計です。確か、3万円ぐらいだったと思います。(当時、ショーウインドウにはTISSOTのソットサスの時計も一緒にならんでいて、そちらも欲しかったのですが高くて手が出ませんでした。)
で、この時計、御覧の様に針がありません。時刻表示は普通の時計でいう短針のかわりに、パックマンの口の様に口の開いた黒い円盤が回転して時刻表示をする様になっています。円盤の下の文字盤はキレイに12分割に色分けされており、その色の見え具合で、時刻を表示、というか判断させる様になっています。上の画像で言うと、「黄色」時「オレンジ半分」分、つまり12時30分ぐらいです。
・・・この時計はこの表示のアイディアをもとに様々なデザインのバリエーションが発売されましたが、当サイト的には是非メカデジを出して欲しかったとこです〜。四角い窓からは色が見えるだけの。ていうか、それ、既に「デジ」じゃないし。・・・でも、結構イケると思うのですが。





この時計には上の様な冊子が付いていて、時計の歴史の様なものから、時刻の見方まで丁寧に説明されており、最後の厚い裏表紙に時計自体が入っているという、非常に凝ったものになっています。

 

で、web上をチクチク検索していたら、こんなものを見つけました。OS X上のデスクトップに同クロマクロンを表示できるフリーのソフト、Chroma Cocoa です。(サイトはこちら)う〜ん、そのまんまですね〜。スバラシィ〜。大きさとか、透明度とか調整出来る様になっており、この状態は「リストウオッチモード」での表示です。デフォルトは円盤外周のちょっと見える色の部分が見えず、開いた口の部分のみ色が見える様になっています。しかし、リストウオッチモードって、このオリジナルの時計を知らない人には「???」でしょうね。

 


ということで、そのスクリーンショットで時刻の見方をもう一度。まず上が12時ちょうど。



約12時30分



1時ちょうど。とまあ、こんな感じです。

・・・で、話はちょっとそれますが、少し前にサザンオールスターズのノベルティ時計で「今何時?そうねだいたいね時計」というのがありまして、それは単に長針の無い、短針のみのアナログ時計で、“だいたいな時間”しか解らないというスグレものだったんですが、基本的な時刻表示はそれと一緒です。「今何時?」「そうねだいたいね、青時、緑3/4分。」とか。・・・以上、針の無いアナログ時計の紹介でした。(2003.10.31.)

BACK