×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CHRONO CHANGER

これはもう放映は終わってしまった未来戦隊タイムレンジャーで使用されていたクロノチェンジャーです。本編でどういう使われ方をしていたのか、全く知らないので(スミマセン)、このもの自体の主な機能を挙げますと、まず、当然ながら時計機能はありません。電源を入れるとまず、シュビビビビビッと起動音を発し、あとは楕円のスモークグレイの窓の中で点灯しているLED を上下のボタン操作で上下左右の4箇所の赤いLEDのところまで移動させ、そこで、中央のボタンと押すことにより、ピロロロロロロロ(通信モード)とか、シュビビビビビガキ〜ン(変身モード)とか、キン、シュウゥイイイン(武器転送モード)とか、いろいろな効果音を発してくれます。(カタカナでの表現はなんともムズカシイです。)だんだん早くなるLEDの点灯のタイミングに合わせてボタンを押していくという、簡単なゲームも内蔵しており、子供のタイムレンジャーごっこには必須のアイテム、といったとこでしょうか。現在はタイムレンジャーが終わってガオレンジャーというのがスタートしたのですが、これでは同様の機能のアイテムに携帯の形をしたモノを使用する様です。なんか、スゴイですね〜。そのつぎはPalmで変身かな〜。

DIGITIZER

これは数年前に、出張の帰り大分空港で飛行機をぼ〜っと待っている時に、空港の売店でつい買ってしまったものです。(普通、こんなものを“つい”買ったりしませんね。しかもスーツ姿で)
正式名称は“電磁戦隊メガレンジャーの変身ブレス、デジタイザー”といい、蓋の裏に記載されている3ケタの番号を入力し、エンターキーを押すと、これもまたイロイロな音を発してくれる様になってます。どんな音かは、カタカナでは同様にムズカシイので省略させて頂きますが、まぁ、クロノチェンジャーの様な、変身時の効果音等です。で、これにも同様のミニゲームも内蔵されており、さらに、押した番号を英語で喋ってくれたりするので、ちょっとは英語の勉強にもなったりします。

TWIN BRACE

最後のコレは何度か雑誌等でも紹介しましたが、この中では一番古い(1988年発売)超獣戦隊ライブマンのツインブレスです。子供がこれを両腕にはめて遊んでいるのを見つけ、ど〜しても欲しくなり買ってしまったものです。が、ベルトが短く、大人の手には巻けません。機能としては、両腕に装着し、変身のポーズをとりつつ、お互いをくっつける様にすると、あと3mmといったところで反応しあい、大きい方のユニットのLEDが点滅し、ピピピピピッと鳴ります。全く接点を持たずに反応しあい、光る、鳴るというのがスゴイですし、子供向けのおもちゃとしても安全ですね。右の小さい方のユニットはミサイルを発射することが出来、赤いプレートも交換可能です。


・・・以上、お子さま向け戦隊モノの変身ツールの紹介でした。(そういえば、以前にスカイサーファーの同様なモノを紹介してましたね。)(2001.4.22.)

BACK