×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

BENDABLE WATCH

ほんと、久しぶりの更新で申し訳ありません。久しぶりなので強烈なのがイイかなと思いまして、今回この『腕時計』を紹介させて頂きます。これは時刻表示の方向からも解る様に、「置き時計にもなるおもちゃ」でなく、あくまで「腕時計」として発売されているBENDABLE WATCHです。
最近、iPod shuffle のケースの件でNUTSさんに伺うことが多いのですが、原宿駅を降りて竹下通りを歩くのが一番の近道なため、最近は週に1回は竹下通りを歩く、という過酷な日々を送っているのですが、この時計はその道沿いにある、とあるショップで購入しました。

全貌はこんなです。上6本の足の中には金属の軸が入っており、曲げて固定することが出来るのですが、下2本の足には軸は入っておらず、常にそのまんまです。・・・この顔つきがかなりきてます。

パッケージです。意外と凝っています。透明の筒の中で斜めに固定されたピンクの筒に巻き付けられています。

パッケージから出している途中なんですが、なんか、この状態からなんかも〜、ちょっとヤですね。


腕にはめる、というか、巻き付けるとこんなです。右手にはめてますが、すなおに左手にはめて長袖のシャツを着たりしたら、常に時計部よりも、この顔が出ているんでしょうね〜。

 

パッケージ背面にあった、この時計の仲間達です。なぜかこのタコのキャラだけがあおむけです。ていうか、このタコだけ頭と胴体が別体化した、擬人化されたキャラにしちゃったが故のおあむけな気がします。

最後にタコ同志のツーショット、アルバのオクトパシーにからむタコの図ですー。エイリアンのフェイスハガーの様でもあります。でもあおむけ。・・・ 以上、タコな時計の紹介でした。 (2005.08.13.)

 BACK