×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

CLARO BEACH STAR

どかーんと最初に文字盤のクローズアップでスミマセン。なにしろ、この文字盤のインパクトで買ってしまったもので・・・これはおそらく70年代のものと思われる、CLAROという私も知らないメーカーの手巻きの腕時計です。いちおうSWISS MADEの様ですが、このオレンジのカラーリングといい、(そのオレンジにはさまれた部分は夜光で、その上にムリヤリ1分キザミの細いラインを印刷しています。)スリットを2本も入れしまった太い針といい、“★ Beach Star ★”というネーミングといい、なんかスゴイインパクトです。しかも私が買った値段がデッドストックで9,800円と何故か非常に安かったってのも怪しいです。

外観はこんなです。文字盤のインパクトもスゴイのですが、本体すべてがベルトも含めプラスチック製ってのもスゴイです。四角いベゼルはピカピカのクロームメッキをしてあり、本体はすこし黄色味がかった(というか、変色した)クリーム色をしています。

背面にはなんと裏蓋がありません。ムーブメントは前面のベゼルをはずして前から取り出せ、という様な指示が刻印されています。また、5気圧防水の同じ表記が上下に2行もあり、『この時計をして“ビーチ”の“スター”になってね』、という様な時計からのメッセージが感じとれます。・・・70年代当時のサイケな水着にはこんなデザインの時計が似合っちゃったりしたのでしょうか?・・・オールプラスチック製で非常に軽いので、もしかして水に沈まなかったりとか、(そんなことはないとは思いますが)さびないからビーチスターとか(メッキ部はいっちゃうとは思いますが)・・・デザイン、ケース素材、構造だけでなくネーミングまでもが怪しいインパクトのある時計の紹介でした。(2000.2.27.)

BACK