×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


SICURA INSTALITE

これは1974年発売のSICURAというメーカーのメカデジ(ここでいうメカデジとは、手巻きなどの機械式のムーブメントを搭載し、時刻表示に針を使わずに、数字を円周状に印刷した円盤を回転させて時刻表示をしている時計を指します)です。ムーブメントには17石の手巻きものが使われており、ケースはピッカピカのクロームメッキがされています。右上のスイッチは照明用のスイッチで、押すと非常に明るいライトが点灯し、前面の3つの穴からも光を発する(と言うより、漏れる)ようになっています。そのため、裏蓋には機械式でありながら電池用の蓋が2つもあり、雑誌などでよくクオーツ式と紹介されてしまってます。

私のこの時計は1回照明用のムギ球が切れてしまい、しょうがないので会社で使えそうなものを探し、はんだごてを借りて持ち帰り、移植手術をしてやりました。どうせならということで、赤く光るものを入れてやり、より光を発するようにと銀紙を敷いてやろうと思ったのですが、手元になく、ちょうどクロレッツがころがってたので、クロレッツの包み紙を小さく切って入れてやりました。結果は予想以上に赤く怪しく光る様になってくれました。しかし、次に開ける時は少々クロレッツくさそうです。

・・・こういうデザインのモデルから、機械式独特のチャッチャッチャッチャという音がかすかに聞こてくるというギャップが非常によろしいかと思います。(1998.2)


〜以下、2002.12.26.追記〜

え〜、またまた昔のページに追記です。昔の画像もそれなりに怪しくていいんですが、より分かりやすい画像を今回数点アップします。まず上は普通の斜視のカットです。ツルツルピカピカな感じがお判り頂けますでしょうか?・・・こういう時計はイロイロ写り込んでしまうので、非常に撮影に苦労します。

背面です。この様にバッテリー蓋が2つあります。蓋の近辺にはプラス、マイナス表示が刻印されています。デッドストックで購入したのですが、かなり私が使い込んでしまい、それなりになってきてしまいました。

照明を点灯させた状態です。この様に私のは赤く点灯します。カッコヨイ〜。・・・以上、画像数点のアップでした。(2002.12.26.)


〜以下、2004.01.17.追記〜




マクロ機能の無い携帯(SO505i)の画像ですので、粗い画像ですみません。watch BEAT 用に撮影している時に撮ったもので、この時計はバラすとこんな状態です。四角いハコにムーブメントがバッテリーと一緒に収まっており、LEDは青い文字盤側にくっついています。で、ちょっと解りづらいのですが、そのLEDの下に敷いてある銀紙のうち、左半分のちょっとツヤが無い側が私が追加して貼ったクロレッツの包み紙です。久しぶりに開けたらやっぱりかなり適当に貼ってありました(笑)・・・以上、中味のカットの追加でした。(2004.01.17.)

BACK