×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HEWLETT PACKARD

HP-01(Stainless Steel)

重いページですみません。HP-01のステンケースモデルです。・・・カッコイイです〜。HP-01は前に金貼りケースのものは紹介してますので、ここでは軽く説明しておきます。

前面のカバーはプラスチックで、これは黒ですが、茶色っぽいモデルもある様です。ボタンの文字は全てキチッと彫刻、色入れされています。ベゼル部は光沢面ですが、それ以外はヘアーライン仕上げです。
こんな顔つきをしていますが、時間の設定などは非常にシンプルです。例えば、6時30分に合わせる時は6:30△Tと押すだけです。タイマーの時は、例えば、2分の時は:2△Sと押し、Sを押してスタート、表示は100分の1秒でカウントダウンを始め、2分たつとアラームが鳴り(「ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ」と、腰がくだけるくらい貧弱でかわいい音です。)、同時にカウンドアップ(ストップウオッチ)がスタートします。

ベゼルと本体の間には黒いプラスチックパーツがサンドイッチされており、それが全体をシャープで引き締まった印象にしています。

 

金貼りケース同様、バックル部にはボタンを押すための道具がカチッと収納されています。四角い穴の中にはHPのマークが刻印されています。

ベルトの側面です。特種な連結方法をしており、クネクネよく動きます。特種ですがコマはずしは自分で出来ます。

外箱です。実際はもうちょと金色っぽいです。以前に巨大な箱に入って売られていた様だと記載しましたが、これは専用ケースがちょうど入るくらいの大きさです。もしかすると、他にバリエーションがあるのかもしれません。中にはサービスカード、アンケート用紙、封筒、世界のサービスセンターリストが記載された紙(これには日本語での表記もありました。)が同梱されています。

・・・以上、計算機付き時計では一番カッコイイと思われる、HP-01のステンケースの紹介でした。(1999.10.10.)

BACK